本文へスキップ

多くの開業実績と長い歴史を誇るそば教室が蕎麦屋開業・そば打ち技術のレベルアップをサポートします。

TEL. 045-453-7756

〒221-0044 神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-2-7MSビル101

手打ちそば店開業に向けて確かなそば打ち技術を身につけることができます。

まずは資料をご請求ください。教室見学も随時受け付けてます。

授業の詳細をご覧になりたい週をお選びください

1週目の授業内容へのリンク

2週目の授業内容へのリンク

3週目の授業内容へのリンク

4週目の授業内容へのリンク

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

6日目

せいろ1kg 花巻 製粉A

講義はそば道具について。良い蕎麦を打つためには道具も重要になってきます。サイズ・材質を選ぶ基準や手入れについてお話します。

そば打ちは引き続きせいろ1kgを打ちながら1週目の復習とさらに仕上がりを良くしていきます。

花巻はかけそばに海苔をのせたシンプルな種物ですが、古くから提供されています。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

つけとろ

7日目

つけとろ 山かけ 

この日からはそば打ち後の時間で本格的に調理実習を開始します。 調理の経験がない方も多いですが、「天ぷら」 「鴨南ばん」等の定番メニューなど、実際にそば店で出されているメニューをお教えしていきます。

大和芋を使ったつけとろ、山かけそばはそば店ではよく見られる品です。大和芋はすり鉢で擦りおろすなど手間をかけて作りますので仕上がりはふわっとした状態になります。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

鴨南蛮

8日目

鴨南ばん つけ鴨

調理実習では鴨南ばん・つけ鴨せいろを作ります。

鴨肉というと「臭い」「硬い」というイメージを持つ方も多いようですが、国内産の上質な鴨肉を使用するので 大変柔らかく、臭みもありません。鴨南ばん・つけ鴨せいろも手打ちそば店では昔からある定番で人気メニューのひとつです。鴨肉はその他に一品料理などにも使うことが出来ます。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

天ぷら

9日目

天せいろ 天ぷらそば

種物の中では天ぷらは人気のある商品ですが、比較的手間がかかり、調理未経験の方にとってはむずかしく感じる方も多いと思います。

材料の仕込み、衣の作り方など天ぷらを揚げるときの基本的なことからお教えします。 そば粉と同様、質の良い材料を使うことが重要なので天ぷら専門店でも使用される才巻海老を使用します。

手打ちそば開業希望者向けプロコース授業内容詳細

かき揚げ

10日目

天ぷら かき揚げ

調理実習は天ぷらの応用としてかき揚げを作ります。 同じ天ぷらとそばの組み合わせでもかき揚げとの組み合わせでメニューの幅も広がります。天ぷらは季節ごとで食材を変えてみたり、一品料理にも活用出来たり幅広くメニューに取り入れていくことが出来ます。

この日で全体の半分が終了します。ここまで2週間毎日繰り返しでそば打ちをしてきた事で仕上がりも良くなってきますが、さらに上のステップを目指します。 次のステップとしては「時間」です。店舗の場合では朝の限られた時間で効率よく作業をすることも必要です。そういったポイントについても指導していきます。